お知らせ,  スタッフブログ

小児脳性麻痺のマッサージ

4年前から小児脳性麻痺の小学生を治療しています。足の腓腹筋、ハムスト筋に成長と共にアンバランスが生じ出していたので昨年の秋に筋解離術を受けました。
本人はあまり乗る気ではなかったです。約3か月の入院でしたが小学校も登校できないため、病院内の小学校に一時入学して勉強もやっていました。
お父さん、お母さんと離れて過ごしたこの期間でかなり落ち着きが出てきて、感情のコントロールも上手になりました。

歩行時に靴のつま先を擦って歩いてしまうので新品の靴も1か月で穴が開いてしまっていましたが、ここ最近は3か月に伸びています。
ハムスト、腓腹筋の伸展は足関節が90度を確保できるようになりつつあります。
無口な小学生ですが言うことがやってくれます。感謝です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください