お知らせ,  スタッフブログ

脳性麻痺の高校生

こんばんは。
毎週1回、訪問マッサージを行っている高校生の彼は会話の時にiPadを使って
会話をしています。私が担当する前は別のスタッフに行かせていましたが、
骨折入院で急遽、私が担当しています。
会話の話に戻りますが、声が出るのにiPadでの筆談をしていましたので、iPad
を使うのはいいけど、そのあとに声で会話をしようと提案しました。
最初は声に出すことが恥ずかしいようでしたが少し慣れたようです。
その高校生の彼は来年は就職だということです。ならば、声を出して会話して
いこう。この夏は声出し作戦を続けていこうと確認しました。
そのとき会話している口元、唇、舌の動きを見ましたが、思ったように動いて
いないので、舌を思いっきり出す、大きく左右に動かす、この運動を加える
ことにしました。やはり、声でコミュニケーションを取ってほしい。それを
湯っきりでの獲得してほしい。大変かもしれませんが歩みもゆっくりかもしれ
ませんが付き合っていきます。私の仕事の主役は患者様です。
若い頃は自分の技術を上げる事ばかりでした。でも、主役のいない状態に気づき
主役を見ることが出来ました。

訪問マッサージ・フレンドシップ 佐野

#訪問マッサージ
#指圧
#町田市
#脳性麻痺
#肢体不自由

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください