お知らせ,  スタッフブログ

新元号が令和になりました。

八王子で訪問の仕事をしております小野沢と申します。
 
新元号が令和になりました。
万葉集からの出典と聞いて、以前に治療を行ってた患者様の事をふと思い出しました。
この方は気難しく、体の不自由な患者様で、毎回「今日で終わりにして」と言われ、私は困っておりました。
きっかけをつかむため、毎回、声掛けを心掛けいました。
ある時、ベッドの脇の本棚に色々な本が有ることに気付き、それからは本の事をお聞きし、そこから話をさせていただけるようになりました。
多くの本に中に「万葉集」が有り、以前「万葉集」の研究をしていた事をお話しいただけました。
それ以降私は万葉集を読んでから施術に行くことし、そのなかで奈良時代、平安時代の庶民の生活を教えて下さるようになりました。
奈良時代、平安時代は春の花の桜は無く、梅であったため、梅を謡った詩が多かった事を話してくれました。
そして夏には夏バテになり鰻を食べた詩も有ることを教えてくれました。
「万葉集」を切っ掛けにし、打ち解けた話をどんどんしていただけた事を令和が「万葉集」から用いたと知り、その患者様を思い出した次第です。
そして、話しかけの大事な事に気付いた貴重な経験を思い出し、温かい気持ちになった昨日でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください